書評へのコメント追加

書籍名 心でっかちな日本人 [amazon.co.jp で検索]
出版社名
著者名 山岸俊夫
[001] 2002/09/04 14:56:14 山田博英
この著者は私のなかに重要な補助線を引いた「安心社会と信頼社会」を書いた人で、日本文化は集団主義的な文化であるといわれるが、外形的に確かにそう見えても、日本人は集団の利益を自分一人の利益よりも重視する心を持っているからではなくそうすることが自分の利益になるからだという。そしていろいろな実験結果を引き合いに出しながらそれを説明している。そしてどちらかというとアメリカ人のほうが日本人よりも集団主義的な心の傾向が強いのだが、一般的に日本人のほうが集団的な心を持つと考えられているのは、われわれが他人の行動の原因を考える際に、まわりの環境のせいでしかたなくそうしたのだと考えるのではなく、自分から進んでそうしたのだと考えてしまう傾向をもつので逆に考えてしまうのからで、そこから脱却するためには環境がそうさせているのだとの視点が必要だという。このものの見方はswimyの生態系の見方と同じだと思うが、そのような見方が心理学の学問の世界でもおこているというのはとても心強い。とにかくこの人の言っていることは私のモデルにぴたっとくるので、是非皆さん読んでいただければ幸いです。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。