書評へのコメント追加

書籍名 英国ワーキングクラス直伝「逆成功」のルール [amazon.co.jp で検索]
出版社名 ダイヤモンド社
著者名 石原由実子
[001] 2005/04/21 09:35:07 古木 良子
”逆成功のルール”。これは、英国階級社会の一部の人々だけに、時代を超えて受け継がれた黄金ルールだそうです。記録はなく口頭で伝承されているものだそうで、それを長年かけて著者がまとめあげたものとのこと。

シャバを行き抜く逆成功のルール
頑張らないで居きる10のルール
最悪の時期を乗りきる8のルール
お金なしで幸せなる8のルール

で構成されている。

「どの角度からものを見るのか?」
英国はいいわけを見つめる社会だ。立場や年齢に関係なく、多かれ少なかれいいわけをする。ウィットにとんだうまいいいわけは尊敬される。いいわけはずる賢いだけでなく、いいわけを考えることの、もう一つの側面に注目すべきだ。いいわけを考えるのには大きな副産物がある。相手を不快にさせず、気持ち良く納得してもらうような言訳が上手にできてこそ、一人前の大人である。

つまり、
事実はいつもひとつしかなく、変えることはできない。ただし、どの角度からそれを見つめ、どう解釈するかで、人生は変わる。そのポジティブな習慣が最後には自分自身
も救う。
ということらしい。

「ユルく自由に生きる」
英国人は、パーティ参加の約束をしていながら行かないことが多いそうだ。そしてそのだらしない習慣を、当然他国の人が怒らないわけがない。勿論それを英国人もわかっているが、まったく直そうとしない。「人は寛大であることが美しい。お互いルールでぎゅうぎゅうに縛られることが嫌だ。最初からユルくしておけば楽だ。当日行けなくても次の機会がある」

つまり、
自分にも甘く、人にも甘く。それがフェアをいうものだ。あまりきちんとしすぎると、自分が疲れるだけでなく、周りの人も疲れさせる。お互いリラックスで行こう。
ということらしい。

幸せの正体
もし、明日死ぬことになって、あの世に少し荷物を持ち込めるとしたら、何を持っていくか?
死ぬときにもっていきたいもの。それがあなたの幸福の正体だ。その時にお金以外何もないとすると、なんて空っぽな人生だろう。

さて、あの世への荷物。みなさんは何でしょう。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。