書評へのコメント追加

書籍名 曖昧性とのたたかい [amazon.co.jp で検索]
出版社名 翔泳社
著者名 名内 泰蔵
[001] 2005/07/07 07:12:47 古木 良子
サブタイトルが体験的プロジェクトマネジメント論であったので、タイトルをみてぜひ、読みたいと思った。
著者が日立での長い間の経験をまとめたものである。
受注に始まり、システム開発に至るまでの、営業活動から見積もり、仕様確定、工程計画、設計、開発のプロジェクトのマネジメント、コスト管理、外注管理等についての経験を述べてある。

受注にあたっては、「正体がよく見えず、ついつい巨大化しがちな、システムという怪獣をいかにして丈夫な檻に閉じ込めるか」が課題であるといっている。
面白いたとえである。

全般的に、あたりまえのことだが、なかなか実行できないことを書いている。だからこそ、この問題は奥深い。

最後にJRみどりの窓口における大きなプロジェクトを通しての反省や知恵などをまとめている。
内容的には、大企業の大プロジェクトの管理。という感をぬぐえない。しかし、プロジェクト管理、推進には、PMの細かな気の配りつまり相手は顧客であれ、メンバであれ、人と人とのコミュニケーションが不可欠だというのを今回も感じた。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。