書評へのコメント追加

書籍名 ものづくりの魂 [amazon.co.jp で検索]
出版社名 サンマーク出版
著者名 井深 大
[001] 2005/10/04 21:09:48 古木 良子
SONYが赤字に転落したというニュースがあった。
液晶のテレビは、店舗でも端の方へ、ウォークマンは、ipod にシュアを奪われ、SONYらしさがなくなったとのこと。その後すぐ、本屋で見つけた本。
すぐに手にとった。

本田総一郎、井深 大、盛田昭夫。この3人の対談やエピソードを柳下要司郎氏が編集したもの。
現在の日本企業をみると、本来お家芸であるはずの「ものづくり」が元気を失ったと言われてすでに久しい。だからこそ、人々は無意識のうちに、戦後、「日本企業はここにあり」と名乗りをあげた「ものづくり」元祖たちを思い出し、その精神にあやかろうとする。
いまだからこそ、戦後60年というこの時点で、あらためて日本の製造業の原点とその再生をさぐるのにつながるとのことで、まとめたらしい。

内容は、井深さんの本田さんとの関係、後半は、盛田さんとの対談をまとめている。また間にものづくりのエピソードが盛り込んである。

井深さんもそうだが、本田さん、盛田さんもやはりすばらしいお人柄だったと思う。
いろんな意味で、またあらゆるエピソードでももの作りに対するこだわりはすごい。「見たり、聞いたり、試したり」この試したりが今の教育には欠けているとのこと。

なんでも試して。そしてつくりあげたい。
やはり私はものづくりをベースにしたい気持ちが深まった。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。