書評へのコメント追加

書籍名 人は見た目が9割 [amazon.co.jp で検索]
出版社名 新潮社
著者名 竹内 一郎
[001] 2005/10/31 22:33:10 古木 良子
話すことより、ノンバーバルコミュニケーションについて
いろいろ解説している本である。

他人から受け取る情報の割合は、

見た目、身だしなみ、しぐさ、表情 55%
声の質、大きさ、テンポ      38%
話す言葉の内容          7%

ということで、コミュニケーションの「主役」は言葉でなく見た目だということを論じている。

見た目とはもちろん、かっこいいとか美しいとか以外にも
しぐさや色やにおい、間、相手との距離などなど。
言葉では言い表せないノンバーバルコミュニケーションを重視したほうが、何かを伝えるという意味で有意義だということである。

ノンバーバルコミュニケーションが高いと人生を豊かにできるのでは?と著者は言っている。
書物による知識も大事だが、同じように巷を見渡すことで習得していく事実も無視できない。
言葉より、重要なものがあふれているのかもしれない。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。