書評へのコメント追加

書籍名 拒否できない日本 [amazon.co.jp で検索]
出版社名 文春新書
著者名 関本英之
[001] 2006/04/12 17:32:12 山田博英
1999年に中国で開かれた国際建築家連盟世界大会に銀行を辞めて学生として参加した著者が、ふと抱いた疑問を解くべく公文書を調べた結果、年次改革要望書に従ってアメリカの日本改造が進んでいるという認識に至った話が書かれている。僕は彼の主張どおりのストーリーが進行していると思う。
 個別に行動している人がその様な意図を全く持たなくても、その行動を鳥瞰図的に全体の動きとしてみるときに進行している、言ってみればメタ・ストーリーというのがある。最近話題になっているスモールワールドの話もそのようなことだと感じるが、もっと簡単にいうと、自動車に乗っている人の善意にもかかわらず、地球規模で観察すれば地球破滅というストーリが進行している、といった感じである。
 この本で述べられているストーリーも、それは必ずしも彼の主張するような陰謀説によるのではなく、例えば外資系企業を通して我々の日常に入り込んできている構造がもたらす日常の行動に支えられて、言ってみれば自然とそういう流れを作っている、という部分が多大にあると思う;
http://www.swimy.org/HENKAKU/hen01.html

従って、もしその様な流れに日本の意思を入れようとすれば、我々の日常にも意思を持たねばならないのだと思う。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。