書評へのコメント追加

書籍名 グリーンスパンの正体 [amazon.co.jp で検索]
出版社名 エクスナレッジ
著者名 ウィリアム・A・フランケンシュタイン他
[001] 2008/04/17 08:09:46 山田博英
この本は最初から最後までさっぱりわからない本でした。それでも分かることは著者がまじめに資料にもとずいてグリーンスパンの政策を批判していることです。僕はグリーンスパンはほんとによく世界を見ていて、学ぶことが多かったですが、その後、どのような世界観をもって公定歩合の決定をするかはそれとは別問題で、批判はあるはずだと思われました。僕の感ずるその原因はグリーンスパンの市場資本主義への100%の信頼からくると思えます。この本の著者がグリーンスパンが自叙伝で書いているような世界観についてぜひ書いてくれるとよいなと思いますが、とりあえずマクロ経済を分かる方にはぜひ一読してグリーンスパンを相対化しておくのがよいと直感します。素人として考えると、実態が必要とする以上に公定歩合を下げて金を流通させると、当然金融ゲームの社会へ導くのではないか、と思うのですが、もしそれが本当ならこの本の著者の視点はかなり重要な感じがします。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。