書評へのコメント追加

書籍名 東西逆転 [amazon.co.jp で検索]
出版社名 NHK出版
著者名 クライド・プレストウィッツ 柴田祐之訳
[001] 2009/03/11 21:16:29 山田博英
以前(どうも同じ時期に出版された本のようであるが)IT技術とインターネットのインフラによる世界的な情報のフラット化により、いかに頭脳(サービス)労働が国を超えて例えばインドのようなところに行っているかを現地の状況報告によって描き出したThe world is Flatという本があったが、本書はもっと網羅的に、同じIT空間で起こる頭脳労働や生産現場の流出により、時間と空間を越えたビジネスの流出が地勢学上、政治上どのような動きとして解釈できるか、その中でアメリカの一極支配がいかに最終段階にあるかを極めて説得あるストーリーを持って描き出していて、その変化の大きさが身体的に感じられて、ぞっとする。日本の識者の論調は今起こっている不況があたかも経済循環論である印象を持つが、とてもそんなことですまないと確証される感じがする。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。