書評へのコメント追加

書籍名 デフレの正体 [amazon.co.jp で検索]
出版社名 角川書店
著者名 染谷浩介
[001] 2010/12/28 15:05:58 山田博英
日本の識者が言われていることの前提に「景気循環によって良き時代が戻ってくる」があるきがしてなんとも言いようのない違和感を感じていた。僕は特に情報のフラット化を原因としてそう感じていたのだが、ついでにその周辺で会社で働いた給料は家に持ち帰った途端にマーケットになるので、日本全体が安いものだけを求めて効率主義に走り安いものばかり生産するために給料をカットしながら組織を守ろうとするのはマーケットをシステム自ら縮小している自殺行為ではないかとも思えていた。この本はその後者の点について、景気が循環するなんていうのは経済を知らないやつの戯言で、しかも驚くことに日本の知識人たちも全く分かっていないと指摘している。とにかくつい高くても手が出てしまうようなおもしろいモノをつくり、給料をあげる等々して生産に携わっている若い人達に金を回してマーケットの消費資金の縮小に歯止めをかけないと日本経済の復活はないと言っている。結構理論的にあっている気がするのだが、ぜひみなさまもご一読いただきたい。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。