書評へのコメント追加

書籍名 犀の角たち [amazon.co.jp で検索]
出版社名 大蔵出版
著者名 佐々木閑
[001] 2011/01/04 15:01:36 山田博英
この本は私の解釈では仏教の原点は心を神に委ねずに法則に委ねようとする心の科学であるということを説明している。曰く、「頭の中の理想体系は、各人それぞれがそれぞれの個性に応じて生み出すものであるから、しょせん現実の世界と完全に対応するはずがない。大枠は似ていても、食い違いはでる。その食い違いをどう解決するか、そこが科学の正念場である。」一方「仏教は人間精神を法則性によって理解しようとする。さらに仏教の場合には、その理解した法則性を利用して、自己の向上を目指す。人間という存在を視点の中心として据え、現象を法則性によって捉えようとする点では(科学と仏教と)変わることがない」。ということでこれから科学がさらに世の中の現象を解明してゆくにつれて、大乗仏教を含めた一神教離れをおこしてゆくという流れを語っている(宗教がなくなると言っているのではなく、あくまで「科学と仏教の関係」の話である)。現状ERPのような情報システムは単なる情報の海と化し、それを使って社会を動かすのは人の頭だと考えているときにぶち当たる「システムの境界とは一体誰がどう決めるのだ」という問題に真っ向から解決の糸口を与えてくれる感じのする本です。

書評・コメントを追加してください。

発言者名
内容
ID
パスワード

書評・コメントの追加には入会時にお知らせした Swimy メンバー専用の共通 ID とパスワードが必要です。ID や パスワードが不明のときは事務局(contact@swimy.org)までお問い合わせください。